読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bitterharvest’s diary

A Bitter Harvestは小説の題名。作者は豪州のPeter Yeldham。苦闘の末に勝ちえた偏見からの解放は命との引換になったという悲しい物語

武蔵国の国分寺跡を訪ねる

旅行

昨日(6月29日)の夜は、国分寺でワインを楽しむ会があったので、夕方、国分寺跡を訪ねてみた。

5年近く前になるが、社会科を教えてくださった恩師の先生に伴われて、中学時代の仲間たちと訪れたことがあるが、その時は散策とおしゃべりを楽しむことに費やしてしまった。

今年になって、古代史を勉強し始めた。書物を読んでいるだけではつまらないので、実際のものを見たほうがもっと楽しいだろうと思っていた。そうこうしているうちに、国分寺巡りをしている人に会いましたよという話を先週聞いた。全国には70を超える国分寺があるので、全てを訪問することは大変なことである。近いところのいくつかをと思って、手始めに、武蔵国国分寺国分尼寺を訪ねることにした。

国分寺国分尼寺は、聖武天皇の詔(741年)によって、一国一寺が建てられた。当時は、奈良時代の中頃で、律令制が引かれ、地方行政区画として五畿七道が定められていた。これを説明したホームページには、下図がある。
f:id:bitterharvest:20160630095401g:plain

上の図から分かるように、武蔵国は、最初の頃は、武蔵国は、東海道ではなく、東山道に属していた。そのため、国分寺には、東山道の名残もあるので、ついでに訪れることにした。

国分寺国分尼寺は、国分寺駅よりは、西国分寺駅の方が近い。下の図で、下の真ん中あたり、武蔵野線を挟んで左側に、黒鐘公園とあるが、このあたりが国分尼寺の跡である。また、右側に、国分寺緑地とあるがこのあたりが国分寺の跡である。
f:id:bitterharvest:20160630100456p:plain

地図をもう少し大きくすると国分寺国分尼寺の跡がはっきりする。左下が国分尼寺、右上がが国分寺の跡である。
f:id:bitterharvest:20160630101439p:plain

まずは、国分寺跡を訪ねてみる。東京都教育委員会ホームページを見ると、下図のような伽藍になっていたと想定されている。奈良の東大寺と同じ形式で、南北一直線にならば、南から、南門、中門、金堂、講堂が並んでいた。また、金堂から東の方に七重塔があった。
f:id:bitterharvest:20160630111343j:plain

さて、現地の写真だが、金堂の跡には下図のような石碑が立っている。
f:id:bitterharvest:20160630112531j:plain

周囲は次のようになっている。金堂を作った礎石が残され、夏草の中に埋もれそうになっていた。
f:id:bitterharvest:20160630112645j:plain

次は講堂の跡だ。
f:id:bitterharvest:20160630113059j:plain
講堂の跡も夏草に埋もれかけている。礎石を強調したのが下図だ。丸くてしっかりした石だ。
f:id:bitterharvest:20160630113300j:plain
この近くに、国分寺跡の説明もあった。
f:id:bitterharvest:20160630113554j:plain

次は、国分尼寺だ。国分寺と同様に、南門、中門、金堂、講堂、そして、女坊で構成されていたと推察されている。このうち発見されているのは、金堂と女坊である。
f:id:bitterharvest:20160630114246j:plain
f:id:bitterharvest:20160630114646j:plain

金堂跡は次のようになっていた。
f:id:bitterharvest:20160630115432j:plain
f:id:bitterharvest:20160630115452j:plain
f:id:bitterharvest:20160630115514j:plain

女坊と思われる辺りは次のようになっていた。
f:id:bitterharvest:20160630115651j:plain
f:id:bitterharvest:20160630115713j:plain

また、近くには東山道の跡も残されている。
f:id:bitterharvest:20160630120051j:plain
f:id:bitterharvest:20160630120128j:plain
f:id:bitterharvest:20160630120145j:plain

Google Mapで東山道を見ると、その偉大さが分かる。下図で、右端の上半分の茶色い道が東山道武蔵路である。道幅が12m(4車線の道路と同じ)もあったそうである。路づくりのためにたくさんの人が駆り出されたことが想像される。
f:id:bitterharvest:20160701214501p:plain
そして、奈良の都から、武蔵国国司へ、国書を携えての使いは、左手に国分寺を右手に国分寺尼寺を見て、府中へと向かったのだろう。
f:id:bitterharvest:20160630120425j:plain

現在の国分寺は、国分寺跡の奥(北東の位置)にある。遺跡の方から北に向かって進むと、まず、楼門に出くわす。
f:id:bitterharvest:20160701075745j:plain
f:id:bitterharvest:20160701075842j:plain

さらに進むと、本堂が現れてくる。
f:id:bitterharvest:20160701082610j:plain

門をくぐると、左右に万葉集にちなんだ植物が植えられている。
f:id:bitterharvest:20160701080205j:plain
f:id:bitterharvest:20160701080240j:plain

また、門の前を左側(東側)に折れると、お鷹の道である。江戸時代はこの辺りは尾張徳川藩の御鷹場だったそうで、ハケ(崖を表す古語、武蔵野台地には国分寺崖線、立川崖線などがある)の湧水が作る清流に沿って散歩コースがある。
f:id:bitterharvest:20160701081101j:plain
f:id:bitterharvest:20160701081117j:plain

また、右手(西側)に行くと、薬師堂があり、そこには、新田義貞が寄進したとされる木造薬師如来坐像があるが、今回は訪問しなかった。